防犯対策について

 

今、空き巣や強盗など身の回りは危険でいっぱいです。

セキュリティー会社に頼んでいても、発報から駆けつけるまでには5分から10分かかります。

犯人はその時間を知っていて、5分以上はその場には居ません。

警察やセキュリティー会社の人が来てもそのころには犯行は終わっていて居ないのです。

聞いた話では、入りにくい家はわざわざ危険を犯して入らないそうです。

しかし!

当社に来る防犯工事の依頼は、セキュリティー会社も、金庫も、防犯カメラも付いていて

万全なはずなのに入られています。

無惨にも破壊された金庫。あるはずの金庫の扉がありません。

鉄の扉もこの通り破壊されてしまいました。この時は警察、セキュリティー会社は5分ちょっとで駆けつけたそうですが被害にあってしまいました。

犯人達は、そんなことは十分知っていてでも来るのです。

これまでの経験から言うと、頑丈に作っていても壊されて入られる。

大事なことは、セキュリティー会社や警察が来るまでの約5分間、

大事な物を守ることが出来るかにある!

 

施工例

進入防止用防犯面格子。

外側に付けないところが大事。

外側からだとセキュリティー会社のセンサーに反応する前に壊されてしまい、時間を稼ぐことが出来ません。

 

こちらは某金融施設の防犯檻です。手前側に作業場があり、限られた人でないと入れない仕組みになっています。

外から来た人は切り欠いた開口部からしか接触できません。

仮に、奥の鉄ドアを破ってもここで防いでしまう事が出来る。時間稼ぎが出来ます。

 

これは金庫囲いです。頑丈な金庫でも上記の写真のように破壊されてしまいます。この囲いで完全に防ぐのが目的ではなく、時間を稼いでセキュリティー会社や警察が来るまでの時間稼ぎが目的です。

これを破ってから金庫まで壊すとなると、かなりの時間がかかります。

今の金庫は、対バール(工具の名前)耐久15分と良い物がありますが、万全を尽くしていた方がいいと思います。

 

注 意 !

 

私は実際の現場で見ました、聞きました!

 

今、金庫をお持ちの方、安心しないでください!

小さい金庫なら2.3人いれば持って行ってしまいます。

持って行かれる前に金庫の固定をお勧めします。

 

home

 

 

 

*